社長挨拶

「安全・安心」を大切に、さらなるサービスの向上を

「安全・安心」を43年間続けています。すべての焼きとり、焼きとんは国内の生産者から毎日仕入れ。紀州備長炭を使って焼いています(川崎店を除く)。また19 年前からすべての揚げ物・炒め物にはセビリア(スペインのアンダルシア地方)のひまわり油を使用しています。ビタミンEを多く含み、老化防止に大いに貢献できるからです。イベリコ黒豚も米も地酒も、私が自ら探してきたものを使い、料理のすべてを当社のスタッフが手づくりしています。


無理に店舗を拡大していくのではありませんが、好立地の物件が見つかれば、新店舗を出したいと考えています。現在は創業の原点である「やきとり戎」のような店を増やしたいと考えています。

そのためには人材の採用・教育が欠かせません。当社の調理スタッフはすでにほぼ全員が社員ですが、ホールスタッフについてはまだアルバイト・パートスタッフが働いています。今後はホールスタッフについても社員に登用し、また社員を新規で採用し、さらなるサービスの向上を図りたいと考えています。

 

 

 

代表取締役 禿 邦夫